カロリー

ドッグフードの好みはある?

ドッグフードと呼ばれる物には色々な物がありますが、それぞれメーカーによっても含まれている物に違いがありますし、やはり好みはあるようです。
ここで、ドックフードのタイプと種類について見ていきましょう。
また、ドライタイプのドッグフードよりも、ウェットタイプのドッグフードを比較してみると、ワンちゃんはウェットタイプの方が食いつきが良いことが少なくありません。
それは、ドッグフードに含まれている食材がそのままの形で入っていることもあり、本来の食感を楽しむことができるからかもしれません。

ドライタイプのものは、色々な食材をミックスしてから、それをペーストにして作っているので、残念ながら本来の味や食感を楽しむことはできません。
もちろん、栄養バランスに優れていて素晴らしいドッグフードではあるのですが、ワンちゃんがどちらを好むかと言えば、どうしてもウェットタイプの方を選らんでしまいます。
また、ご存知のように犬の嗅覚は人間の何倍も鋭く、その為ドッグフードもニオイで判断すると言われています。

つまり、好みかどうかは食感や味もさることながらニオイで選んでいるのです。
そしてもう一つよく言われるのが、好みはどのような物を食べて育ったかによると言う事です。
もしかしたら、このあたりは私たち人間と同じなのかもしれませんね。

年齢が上がるにつれて硬い物が苦手になるのもやはり人間と同じ。
ペットがドッグフードを食べてくれない原因の一つとして、年を取ってきたら、ドライタイプのドッグフードではなくウェットタイプのものしか食べられなくなってきます。
ウェットタイプのものとドライタイプのものを比べると、栄養バランス的に見るとドライタイプの方がメリットが大きいのですが、老いた犬には無理せず食べられるものの方が良いでしょう。

但し、若いうちはドライタイプのドッグフードを常食にする方がお勧めです。
その上で、時々上手にウェットタイプのドッグフードを食べさせるようにすると良いでしょう。
もちろん、ドライタイプもウェットタイプも、しっかりチェックして選んであげてください。
安全なドッグフードを見分けるためにも色々調べておきましょう。

このページの先頭へ